ネイルベットを伸ばすには

爪の形が悪いことをお悩みのお客様の中には、
ネイルベットが短いために爪の比重バランスが悪い場合があります。
ネイルベットとは、爪が指にくっついている部分を指します。



爪の形は、フリーエッジとネイルベットの長さのバランスが重要で、短くてもバランス良く形のきれいな爪があります。
保湿された健康な爪である場合は、イエローライン(スマイルラインとも呼ばれています)が引き締まり、
左右バランスの良いラインを描いてネイルベットとフリーエッジの境目に存在します。

イエローラインが引き締まったきれいなラインであることが健康な爪の条件とも言えます。
なんらかの理由で爪が伸びにくい、或いは割れやすい場合は、
イエローラインがゆがんでいる状態の爪が多いです。



ネイルベットとフリーエッジがアンバランスな状態は、爪が不安定で割れやすい状態です。
左の人差し指の爪は割れてしまっています。



ネイルベットを伸ばして縦長のきれいな形の爪に憧れる女性は多いものです。
ネイルベットを伸ばすには爪に負担のかからないグラスネイルで爪を完全に保護することで伸ばすことができます。
ただ伸ばすだけではなく健康的に爪を伸ばすことができます。
ネイルケアを定期的に繰り返しながらネイルベットを伸ばす方法もありますが、
先端が弱っている爪が生え変わるまで数ヶ月を要しますのでその間に爪が割れてしまうことがあります。
ジェルネイルでネイルベットを伸ばすこともできますが、自爪自体を傷めてしまうジェルネイルの場合は、
せっかく爪が伸びてもフリーエッジばかり伸びてネイルベットが成長しない場合や、ネイルプレートにダメージが生じて爪が弱くなり、爪が弱くなったのでジェルネイルをお休みしなければならなくなると、せっかく成長してきたネイルベットの成長をも中断せざるおえなくなります。
爪を傷めないで完全に保護できる環境がネイルベットを伸ばすためには不可欠です。
そしてネイルベットを伸ばすには、お客様ご自身の爪が健康な爪であることが第一条件です。