イエローラインが引き締まっている爪

元々ネイルベッドが長めの綺麗な爪の形をしていても、爪や甘皮周辺が乾燥していると、ネイルプレート(爪甲)には亀裂が入りやすく、指先の皮膚も乾燥しているため、ハイポ二キウム(爪下皮)もネイルプレートを
支えようと伸びたとしても剥がれやすくなります。注目はイエローラインです。イエローライン(黄線またはスマイルライン)がゆがんでいる爪は、弱っている乾燥しているトラブルがある等、いずれにしても健康優良な爪ではない可能性があります。
▼BEFOR


ネイルベッドを伸ばすには、まずは正しいネイルケアを行うことが大切です。ホームケアとしては保湿をまめに行うことです。爪が乾燥していることを知らない人が多すぎるのにも驚きます。まだまだ私達ネイル職に携わる者の伝え方が足りないのでしょう。爪は皮膚の延長でお肌が乾燥するように爪も乾燥しているのです。お肌が乾燥している場合、お肌に適した保湿が必要なように、爪にも保湿が必要で、乾燥してくると爪は割れやすくなります。ただ、爪を保湿しながら爪を伸ばすことでネイルベッドが長くなる人もいますがフリーエッジばかりが伸びてネイルベッドが伸びない人もいます。爪を伸ばす=ネイルベッドが伸びる、ではないこともあります。その場合はグラスネイルで爪に負担をかけずに爪を保護することでネイルベッドを伸ばすことができます。爪をいつも長くキープしていなくてもネイルベッドを伸ばすことができるんです。
※グラスネイルを外したお客様ご自身の爪
▼AFTER(約二か月後)

イエローラインも引き締まり、ネイルプレートの縦線も目立たなくなっています。色つやもよく健康な爪に仕上がっています。ありがとうございました。