ジェルネイルで傷んだ爪

ネイルカンパニーオフィシャルサイトの症状ページの中で『ジェルネイルで傷んだ爪』について解説しています。
以下は、ネイルカンパニーにご来店いただいたジェルネイルで爪を傷めたお客様の爪写真です。




ジェルネイルで傷んだ爪の写真は沢山あり、その中のほんの一部の画像です。ネイルサロンで爪のおしゃれを楽しんでいたのに、まさか自爪がこんなに傷んでしまうとは、ネイルの楽しさもどこかへ吹き飛んでしまうでしょう。
ネイル技術者は、ジェルネイルを施術する前に、ジェルネイルで爪が傷むリスクがあることを説明することが大切だと思います。サンディングジェル、ノンサンディングジェルともに爪に負担がかかっているようです。良く言われる技術の良し悪し、ジェルネイルの素材や工程でも差があるとは思いますが、お客様はそれを施術前にわかることはできません。技術者はカウンセリングの時点で、お客様の爪を見ればすぐに予測がつくはずです。充分な話し合いの上で、お客様に判断していただくことが大切なのではないでしょうか。ワクワクした気持ちで初めてジェルネイルにトライして、たった一度のジェルネイルで爪が傷んでしまい、元の爪に戻らなくなっている方もいらっしゃいます。元々薄い爪、弱い爪、割れやすい爪の方は特に注意が必要です。